法改正の動向

2015.12.14 Monday

0
    皆様。こんにちは。

    先日、労働社会保険諸法令について
    お話いたしましたが。

    最近、来年度の法改正の動向が、
    次々と発表されています。

    正確には、
    ・法案を提出
    ・実施を目指す
    のような、見切り発表となりますが。

    ・第3の企業年金制度導入予定
    ・65歳以上も雇用保険の適用に
    ・介護休暇の半日取得、非正規の育休取得へ法改正
    ・パート「130万円の壁」改善企業に補助金

    などなど、某ネットニュースで取り上げられて
    いましたね。
    年収104万円と133万円の例を比較しておりましたが、
    なんか、現実離れしているなと感じました。

    私なら、104万円になるぐらいなら、
    年末に給与調整して103万円以内に収めるから、
    103万円と133万円、私の手取り収入ではなくて、
    世帯の手取り収入を比較して欲しいと感じてしまいました。

    その他にも、
    厚生労働省の予算概算要求より、
    来年度の助成金の動向も推察されますね。

    私の個人的な意見としては、
    ・従業員のキャリアコンサルティングに係るもの
    ・非正規雇用労働者の待遇改善に係るもの
    ・介護休業から復帰する場合の両立支援に係るもの
    ・働き方改革(テレワークの導入など)に係るもの・・・の
    助成金が新設若しくは増額されるのではないか・・

    うーん、楽しみ、楽しみ。

    正式な発表があれば、
    その都度UPしていきますね。

    サービス残業対策・労務管理相談なら
    「ABE社労士事務所」 

    助成金のことなら
    「さっぽろ助成金センター」

    障害年金のことなら
    「北海道障害年金相談センター」

    人材紹介のことなら
    「いい会社紹介」

     






     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL