あっという間に・・・

2014.01.24 Friday

0
    皆様、おはようございます。
    ご無沙汰しております。 

    寒い日が続いておりますが、
    我々は何とか無事に過ごしております。 

    つい先日新年のご挨拶を投稿したと思っていたのですが、 
    あっという間に1月が終わろうとしていますね・・。

    この調子でいくと、 
    あっという間に今年が終わってしまいそうで恐ろしい
    今日この頃です。

    あっという間に過ぎ去った約1か月ですが、
    社会保険諸法令は、次々と改定案が発表されています。

    おいおいお知らせしていきます。
     (ブログ更新をさぼっていたばっかりに、 
      とても一度ではお知らせできなくなってしましました・・。) 

    本日はその中でも、
    産前産後休業期間中の社会保険料免除について少々。 

    今までも、 育児休業期間中の社会保険料は免除となっておりましたが、
     (申請は必要ですよ。)
    平成26年4月30日以降に産前産後休業が終了となる方 
     (平成26年4月分以降の保険料が対象)は、
    申請することで保険料が免除となります。



    今までは、 産前産後休業期間中は保険料の支払いが必要であったため、 
    給与はなくても社会保険料を徴収・納付する義務がありました。
    ちょっと厄介でしたね。

    制度改正後は、
    産前産後休業期間中から育児休業終了まで、 
    従業員、事業主ともに社会保険料が免除となりますので、 
    申請を必ずするようにしてくださいね。 

    出産に関する社会保険料の手続としては、 
    休業中に関する社会保険料免除の申請だけではなく、 
    育児休業終了後、 短時間勤務などで賃金が低下する場合は、 
    ・健康保険・厚生年金保険育児休業等終了時報酬月額変更届 
    ・厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例申出書 
    の提出も必要となりますので、
    ご担当者様は注意が必要です。 


    出産予定の従業員がいらっしゃる事業主様は、
    ・雇用保険
    ・健康保険・厚生年金保険
    ・助成金制度(札幌市であれば受給できる場合があります。)
    ・就業規則 
    等々、制度・手続き方法を確認する必要がありそうですね。


    サービス残業対策・労務管理相談なら
    「ABE社労士事務所」 http://sr.akari4.com/

    助成金のことなら
    「さっぽろ助成金センター」 http://jyoseikin.akari4.com/

    障害年金のことなら
    「北海道障害年金相談センター」へ http://www.sapporo-shogai.com/


    トラックバック
    この記事のトラックバックURL